挨拶

 近年、科学技術は、人類や生物、宇宙深海等環境に影響を与えてきました。

 有益な発明発見も多いですが、例えば、破壊や公害等、地域住民等の意向を無視した、過去の行き過ぎた技術開発の失敗を反省するべきです。

 そうした人類の過去の経験により、産業界の人たちのみの決断により、技術開発を進めるのは、人類に危害をもたらすというのは、私たちの、共通認識でしょう。

 今後、ロボット化や情報機器等の知能化が進み、仮に、それが重大な暴走事故等を起こした場合、人類を滅ぼしかねないので、防ぐための、努力や注意が必要です。

 世間で言われている、脱ムラ社会の事ですが、技術開発をする上で、そうした破壊や公害、事故等を未然に防ぐ意味でも、そうした人が欲しているのであれば、公衆と話し合ったり、学術的分野の人とも、積極的に交流して、意見交換等をしたりするのを、日常的に行うのが、望ましいとされています。

 そこで、公衆や学術的な分野の人たちとの交流をする上で、放送大学にも技術士会を開くとよいと考え、技術士会員になるのを目指す人を1人でも多くし、職業倫理等を持った人や技術者、技術士試験に合格する人たちを、育成したいと思い、この会を作りました。

放送大学 天空技術士会

会長  武内 晋哉